ホーム 
人材センターとは
入会希望の方
会員の皆さんへ
仕事を依頼される方
介護保険事業
子ども学習教室
チップ堆肥化事業
会報・同好会
アクセス
リンク

ボタン問い合わせメール 
仕事の依頼書
子ども教室申込書
「安全は全てに優先する!」がシルバー人材センターのモットーになっています。就業中はもちろんのこと、就業途上(行き帰り)にも気をつけていただかなければなりません。
センターから提供された就業は、雇用関係によらないため労災の適用がありませんが、万が一ケガをした場合は、シルバー人材センター団体傷害保険に加入しているため、保険の給付がうけられます。また、会員が就業中に他人の身体・財物に傷害を与えた場合にも賠償責任保険により補償します。
最近、会員の就業中の事故・就業の途上(行き帰り)での交通事故等が全国的に増加しています。事故の大半は、不注意・無理などちょっとした事が原因で思わぬ事故に繋がっています。安全はいかなるものにも優先します。日常の健康管理も大切であると同時に、会員の皆さんが各自で安全に対する意識を持つことが何よりも重要です。

自分に限って事故なんて・・・と思う安易な気持ちが事故の元です。事故が起きてからでは手遅れです。気の弛み・就業の慣れからくる自信過剰を捨て、無理な動作を控え、特に就業途上の交通ルールを厳守する等、あらゆる事故防止に努めましょう。

引き受けるかどうかは、自分(会員)の意思で決定することです。
責任を持って作業を遂行すること。
自己管理を徹底して、安全に就業すること。

安全具の着用と器具の始業点検
朝礼の励行で、体調確認と安全確認


会員証は、就業の際常時携帯し、発注者との最初の面談時には提示し、身分を明らかにすること。
就業には、誠意と責任を持ち、後日苦情を受けたり、センターの信用を失することのないよう留意すること。
就業に当たっては、事前にセンターから充分に仕事の内容の説明を受け、実際の仕事が説明と異なる場合は、必ずセンターへ連絡のこと。

就業にあたっては就労に適した服装をし、就業時間(始業・終業)規則等を厳守すること

危険を伴う仕事につく場合は、発注者及びセンターと充分協議し、事故防止に努めること。
急用その他やむを得ない事由で約束の仕事に従事できないときは、必ず事前にセンター及び発注者に連絡すること。
酒気を帯びて就業しないこと。また、就業中は一切飲酒しないこと。
仕事上知り得た業務上の秘密及び発注者の不利益になることがらは、他に漏らさないこと。
会員は、発注者と受注、就業条件(配分金等)について直接交渉を行わないこと。
配分金は、会員が直接発注者から受け取らないこと。

作業日報は、会員の配分金の計算に必要な書類です。会員が就業した場合は必ず作業日報に就業した月日と時間を正確に記入し、発注者の確認印をもらって、センターに届けて頂きます。ただし、FAXがある発注者からは送付していただいています。

配分金とは、会員の就業に応じて支払う報酬のことをいい、発注者からセンターが一括して受け取り、一ヶ月をまとめてセンター指定(原則)の銀行(郵便局を含む)の口座振込みによりその全額を支払います。
配分金は原則として毎月末(発注者により異なる場合があります)締切り、翌月25日に支払います。ただし、日曜日・祝日のときはその翌日、土曜日のときはその翌々日に支払います。

配分金も原則的には所得ですので。所得税法上は、公的年金と同様に、雑所得として取り扱われ、ご自身で確定申告して頂くことになります。